受験に向けた作文対策

只今担当させていただいている中学3年生の生徒様の作文指導を今年の6月より開始。

 

5教科の成績は問題なく、また読書も自主的に行っていらっしゃる生徒様。

なのに、作文を書くことだけはどうしても苦手で非常に苦労していらっしゃいました。

 

上手く書けない理由として・・・

①1つの文章を長く書いてしまう為、1文に主語と動詞が多数混在してしまい、わかりにくい文章になってしまう。

②内容が客観的な視点のみで「自分の意見、体験談」が全く記載されていないため、説得力が欠けてしまう。

③自分の気持ちをストレートに書きすぎてしまい、少々きつい文章となってしまう。

 

①対策→

・「読みやすい文章が読みやすい」という視点で今まで文章に目を向けたことがなかった。その為、手元にある教科書や便覧に載っている文章をたくさん目を通してもらい、いかに短い文章が読みやすいかを知ってもらう。

そして、自分が「読みやすい」「わかりやすい」と思った文章に付箋を貼ってもらい、文章を書くときに参考資料として随時読んでもらう。

・遠まわしな言い方は難易度が高い為、例えば夏目漱石「吾輩は猫である」だったら「吾輩は猫である。名前はまだない」といったように短く簡略化した文章の方が、書きやすい上に相手に伝わりやすい事をお伝えする。

 

 

②対策→

テーマに沿った作文を宿題で作成してもらい、授業中に私がその作文を読み、「どうしてこの時こう思ったのか?」「そのあと自身が実行したことは?」等、色々生徒様に質問させていただき、

自分の気持ちを口に出してもらう。

そして、その内容を再度文章に落とし込んでもらう。

 

③対策→

1つの考え方にこだわった文章になってしまうと、どうしても「自己主張が強い」といった印象を相手に取られてしまうことを説明し、もう一方の考えの良さも一言くみ取ってあげるようにお話をさせていただく。

 

このような感じの指導を実施し、早2か月。

 

本日の授業ではとても分かりやすく、学力調査テストであれば、満点の5点が取れるような文章が完成いたしました。

受験生の秋以降は色々とやることがあり、作文指導は時間的に難しいです。

 

そのため、可能でしたら夏休み迄にある程度作文が書けるようになれると、ゆとりをもって今後の受験対策に取り組めます。